札幌「芸術の森美術館」にあるカフェ la Foglia(ラ・フォリア) 店主の日記


札幌市中央区北2条東11丁目23にあるカフェ Snow rainbow 店主のつぶやき
by やまさま
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2012年 11月 19日 ( 1 )

紅茶について思う

FBの方であげた記事なので、すでに読んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、

私がなぜ紅茶屋さん(カフェ)を始めたかを書いてみようかと(笑)
たいした話ではないですが、ティーセミナー(紅茶教室)を続けたかったんです。
そして、それをもっとたくさんの人に知ってほしかったから。
それだけです(笑)

紅茶は身体を温めるし、いろーんな効能があります。
殺菌作用があるので、今の時期は帰ったら紅茶液(ものっすごく薄いので大丈夫)でうがいして、
のどを殺菌して、そのあと紅茶を飲んで身体を温めて、
朝は目覚めの紅茶で、カフェインの覚醒効果ですっきり目が覚めます。
まだまだあるけど、皆さんが紅茶をもっと身近に感じてくれれば、効能とかではなく、
ただ好き、毎日飲むもの、になると思うんですよね。

我が家にはコーヒーメーカーが食卓にでん!と置かれていて、
毎朝、母が起きるとスイッチを入れて水を入れて~家族みんなでコーヒーを飲んでいました。
父はコーヒーだけ。弟は食パンとコーヒー。
でも私は飲めなかったんです。
コーヒーの匂い、味が苦手で…
その頃から紅茶を飲んでいました(ティーバッグで)
ティーバッグ以外の紅茶が存在すると知ってからは、子供なりに研究しましたね。
どうしたら美味しく飲めるのか。
その頃は紅茶ってもっともっとマイナーでしたし、両親も飲み方なんて知らないし、ネットもないし、
頼んで紅茶の本を買ってもらおうとしても見つけられないぐらい。
だから、美味しくない紅茶を自分に「これが美味しいんだ」って言い聞かせて飲んでました(笑)
でも大人になって、美味しく飲めるようになって、
ティーセミナーを始めるようになって、
私の願いは毎朝起きると紅茶を飲んで出勤、もしくは学校に行く。
お母さん(お父さんでも子供でも)が淹れてくれた紅茶がないと1日始まらない、みたいな。
みんなが紅茶を生活の中に自然に取り入れてくれるようになること。

コーヒーの座をおびやかしてやろうかと(笑)

そうなったら幸せだなと、そう思っています。
[PR]
by cafe_sunday | 2012-11-19 12:16 | ひとりごと